RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

前田 一光

KAZUTERU MAEDA

所属:祇園迦陵
所在地:京都府
出身:岐阜県
専門:日本料理
料理スタイル:創造と感性

<2019年参加時>

所属:祇園迦陵
所在地:京都府
ジャンル:日本料理
役職:料理人
応募時の年齢:27歳

受賞エンブレム

ノミニー(候補)であるため、エンブレム未確定

一次審査ニッポンの宝:日本茶

料理名:鱧と納豆のゼリー寄せ~新茶餡と共に~

日本人にとってお茶は切っても切れないものである。
お茶には発がん作用の抑制、食中毒の予防、動脈硬化や脳卒中予防、血糖値を下げるなどの働きがあり日本人の健康にとって大きな役割を担っている。
最近では海外でも日本茶の効能や味が話題となりブームとなっているが日本ではお茶離れの傾向にある。
そこで飲むだけでなく料理にも使われることのあるお茶で持ち味を活かしお茶によって食べていただくことを意識した。
使う食材は鱧と納豆。
今から時期を迎える鱧と世界で唯一の血栓を溶かす作用を持つ納豆、臭いと粘り気により嫌いな方も多い食材であるがお茶の臭い消しの効果、苦味を利用し食べやすくする。
鱧と納豆でゼリー寄せにして抹茶の餡で納豆を食べやすく、そして五月ということもあり新緑のイメージした。
この料理でお茶の多彩な使い方、健康への役割、お茶の美味しさをわかっていただけたら幸いです。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2019 サポーター

後援

イノベーションパートナー

認証