RED U-35RED U-35

メニュー

NEWS−お知らせ−

2020.04.03

シェフの声をぜひお聞かせください!

NEWS RELEASE

料理人のみなさまへ

先日、「ご意見お寄せください。新型コロナウイルスと戦うシェフたちへ」と投げかけをさせていただいたところ、想像以上のコメントを、国内のシェフのみならず、いま困難にしている海外のシェフたちからもさまざまなご意見を寄せていただきました。

みなさん、この状況の中でそれぞれに試行錯誤しながら「いまできること」に取り組んでいます。そして、遠方の同じ志のシェフたちのことを気にしています。そうした貴重な情報の交換をすることってとても大事で、シェフたちはまさに、ONE TEAM、ONE TABLEだと実感しました。

そこで、若手料理人を応援するRED U-35というプロジェクトとして、グループページを立ち上げさせていただきました。ちょっとしたことでもちょっとしたことでも声をあげることは誰かの助けになると思います。我々プロジェクト側も積極的にできることをやります。
シェフの声をぜひお聞かせください!

Facebookグループ【シェフの声 / chef's voice】

https://www.facebook.com/groups/630026997846764/

- - - - -
Concept|シェフの声 chefsvoice

シェフたちがいまとても困っています。

レストランにひとが集まりにくい状況。キャンセルが相次ぎ、固定費は膨らみ、休業を選択するお店も。
ならばと、テイクアウト、デリバリーなどに活路を見出す。あのレストランのメニューが家で食べられるって、いまだけの特別感があります。とはいえ、がんばって慣れないお弁当づくりをしながらも利益が非常に低いのが実情。
そして、この外食産業を支えているさまざまな生産者さん、契約農家さん、加工品業者さん(ワイン、チーズなど)の生活もつながっています。

自粛ムード、非常事態の真っ只中のシェフたちが、いま、「やってみたこと」「困っていること」「成功、失敗、反響」「助け合えること」など情報を共有することが、いまはじめられることだと思いました。

こういうタイミングだからこそ、いままで知り合っていなかったシェフとつながって、なにか一緒にやれることもあるかもしれません。SNSなどの情報発信に強い世代は、そうしたことの苦手な街のシェフたちをサポートできるかもしれません。

「おいしい」って、幸せで、尊いものです。
はやく落ち着いて、みんながレストランでゆったりと美味しさをかみしめる日のために、まずは、「シェフの声」をとりまとめることで、他のシェフたちへのヒントや支援になることを目指します。ここで集まった意見やアイデアを、次なる企画に発展させていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

#シェフの声
#chefsvoice
RED U-35実行員会

一覧にもどる

情報をシェアする

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)