RED U-35RED U-35

メニュー

NEWS−お知らせ−

2020.09.23

日本博×CLUB RED 2021年2月開催へ

NEWS RELEASE

日本列島の豊かな自然環境とその多様性によって、日本では地域に根差した食材を生かした郷土料理が伝えられ、そこに住まう人々の生活に深く息づいています。日本人の食文化は、自然の美しさや四季の移ろいを表現し、各地の年中行事と密接に関わって育まれてきたのです。

自然へ感謝し、地域の食材を活かす「郷土料理」に、次代を担うCLUB REDの若手料理人たちがいま向き合います。その舞台となるのは、“日本の美”を国内外へ発信し、次世代に伝えることで更なる未来の創生を目指す文化芸術の祭典「日本博」。

日本博とCLUB REDが連携し、2021年2月東北の地でダイニングイベントを開催予定。そのゴールに向かい、本日9月23日からプロジェクトが始動しました。

東日本大震災から10年となる来年、東北にゆかりのある若手料理人たちがチームを組み、「東北の郷土料理」をあらためて学び、新しい感性で東北の味覚を奏でます。東北の土地の魅力を追求し、それを余すことなく伝える美味なるプレゼンテーションが、これからいかに構築されるのか。その制作過程も順次レポートしていきますので、ぜひご期待ください。

▶︎日本博×CLUB RED参加メンバー
・酒井 研野 青森県黒石市出身/日本料理/京、静華(京都府)
・菅田 幹郎 岩手県遠野市出身/イタリア料理/おのひづめ(岩手県)
・成田 陽平 青森県弘前市出身/日本料理/菊乃井本店(京都府)
・早川 光  秋田県鹿角市出身/イタリア料理/XEX 日本橋 Salvatore Cuomo Bros.(東京都)
・廣川 拓渡 新潟県新発田市出身/フランス料理/イーストギャラリー(東京都)
・福嶋 拓  山形県米沢市出身/中国料理/Turandot臥龍居(東京都)

※ About:
日本博/Japan Cultural Expo 〜縄文から現代まで続く「日本の美」〜
日本博は、総合テーマ「日本人と自然」の下に、各分野にわたり、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を国内外へ発信し、次世代に伝えることで更なる未来の創生を目指します。この文化芸術の祭典が、人々の交流を促して感動を呼び起こし、世界の多様性の尊重、普遍性の共有、平和の祈りへとつながることを希求します。(主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会)
https://japanculturalexpo.bunka.go.jp

一覧にもどる

情報をシェアする

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)