RED U-35RED U-35

メニュー

RED U-35 RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

渡辺 賢紀

MASAKI WATANABE

料理スタイル:和を意識したフランス料理


誕生:1980年
出身:静岡県
専門:フランス料理

所属:チミケップホテル
リンク:ぐるなび掲載ページ
所在地:北海道
ジャンル:
役職:シェフ(料理長)

RED U-35 受賞歴

渡辺 賢紀

MASAKI WATANABE

<2014年参加時>

所属:チミケップホテル
所在地:北海道
ジャンル:オーベルジュ
役職:料理長・シェフ

受賞エンブレム

2014 BRONZE EGG

二次審査料理名:ホタテのソテー4種類豆のハーモ二ー

一次審査

料理名:ホタテのソテー4種類豆のハーモ二ー

課題料理名:ホタテのソテー4種類豆のハーモ二ー

今まで積極的に豆料理を付け合わせ以外作っていなかったので、逆にやりがいがありました。メインとして前面に出すのか迷いましたが、豆にもいろんな種類があり、それぞれ違った味が楽しめるので、さまざまな調理法でアレンジしてみました。以前から北海道の食材を取り入れたメニュー作りでしたので、通年美味しく手に入るホタテをメインにしました。 豆は調味料などでも使われるので、味噌、豆乳、きな粉なども積極的に取り入れてみました。 本選は秋ということで食材選びに悩みましたが、季節感を出すためにたけのこやソラマメを付け合せに。 本選では付け合わせ変更になるかと思います。

料理人として、料理に対する思い・夢・目標

幼いころから料理を作ることが好きで、友達が遊びに来たときにはパスタなど作ったり、料理番組を見たりと漠然と料理の世界で、と考えていたと思います。 当時はイタリアンブームでイタリアンシェフを目指し、専門学校に通いながらバイトをしていましたが、料理の幅を広げるためにフレンチを当時バイトしていたシェフのアドバイスでフレンチの道へ。 専門学校の海外研修でフランス、リヨンを訪れたときに感激し、この地で働いてみたいと決意し1年お金を貯めて渡仏しました。 その後アメリカで自由な食材の組み合わせ、スイスでも和食も体験しました。なので僕の作る料理は正当なフランス料理ではないないと思います。 料理を作る際、一番大事にしているのは味の部分ですが、もうすでに存在する~料理というよりも、今までの経験を生かしたオリジナリティのある料理を作っていけたらと思っています。 今まで料理に関わってきた先輩たちのおかげで、昔よりも海外で働きやすい環境ができていたから、自分もやってこれたと思います。重労働で長時間という厳しい環境かと思いますが、これから育っていくであろう後輩たちが働きやすいようなシステムに貢献できたらいいなあと思っています。 それからミシュランを見ればわかるとおり、日本の飲食店はトップクラスです。さらにそういった地位を築けるように貢献できたらと思っています。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2020 サポーター

GOLD
SILVER
BRONZE

認証