RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

星 利昌

TOSHIAKI HOSHI

料理スタイル:柔軟性のある料理


誕生:1985年
出身:兵庫県
専門:日本料理

所属:Japanilainen Ravintola Hoshito 料理屋 ほしと
所在地:フィンランド
ジャンル:日本料理
役職:オーナーシェフ

RED U-35 受賞歴

星 利昌

TOSHIAKI HOSHI

<2015年参加時>

所属:Japanilainen Ravintola Hoshito 料理屋 ほしと
所在地:フィンランド
ジャンル:日本料理
役職:オーナーシェフ

受賞エンブレム

2015 BRONZE EGG

二次審査料理名:伊丹の若者の力

一次審査

料理名:日本米と牛肉 森の今 合わせたん

日本米の料理:「日本米と牛肉 森の今 合わせたん」

日本米のイノベーションということで、牛の出汁でお米を炊いて旨味を吸わし、森の木で燻して森の香りを付け、そしてもう一度牛の旨味を吸わせ仕上げるという、今まで自分では聞いた事のない料理法を考えました。ご飯から燻した香りが漂い、牛の旨味を上手く吸っている。尚かつ今現在自生している森の葉菜と茸、牛の旨味、肉、乳を味わえる料理です。お米の水分を吸収する力と、香りを伴う力を両方使った料理です。

10年後、自分はどのような料理人になっていると思いますか?

10年後は日本国内とスペインのバルセロナにも料理屋を出すことを考えています。 世界を周り、その土地にしかない食材を知り、食材や料理法の知識を深めて料理を作ることを続けていき、その土地に根付いている味や料理法を勉強し、自分の料理の幅を広げていきたいです。 そのためには三店舗の経営を安定させる能力と、店舗を支える人脈作り、お客様の期待に応え、印象に残る料理を作る技術をこの10年で身に付ける努力をする必要があります。また料理人として狩猟や漁、農業の経験も増やし、それらにまつわる環境問題の改善、向上にも目を向け、行動していけるような人間になっていくことが10年後の目標であります。 もう一つ、自分は大勢の人の前に立って料理のプレゼンテーションや講演をする力が今はないので、10年後は外国人も含めて大勢の人の前で話す語学能力と度胸を身につけてくことも目標であります。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)