RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

田熊 一衛

ICHIEI TAGUMA

料理スタイル:追求し進化、そして自由


誕生:1981年
出身:福岡県
専門:フランス料理

所属:Bernard Loiseau Paris Restaurant Tante Louise
所在地:フランス
ジャンル:フランス料理
役職:シェフ(料理長)

RED U-35 受賞歴

田熊 一衛

ICHIEI TAGUMA

<2015年参加時>

所属:Bernard Loiseau Paris Restaurant Tante Louise
所在地:フランス
ジャンル:フランス料理
役職:シェフ(料理長)

受賞エンブレム

2015 BRONZE EGG

二次審査料理名:新生と敬愛

一次審査

料理名:セロリの風味を含ませた米の低温スフレ/セロリ米のクロカン/カニのコンディモン/燻製卵黄

日本米の料理:「セロリの風味を含ませた米の低温スフレ/セロリ米のクロカン/カニのコンディモン/燻製卵黄」

米のスフレ、セロリ米のクロカンに関しては卵、乳製品を使用せずお米の特徴を活かし、90%お米の力で、いかにお米の味、風味、他の食材との相乗効果を発揮出来るかを考え、全ての野菜ではないが様々な野菜に代用出来る事を考え作成致しました。

10年後、自分はどのような料理人になっていると思いますか?

パリという舞台で戦えるチャンスを頂いてから常に痛感しているのはチーム力がいかに大事かという事。1人で出来るという人もいるかもしれませんが、チーム一人一人が支え合い、新しい料理を作る過程、取り組み方も多種多様であり、良し悪しを捉えて真に美味しい料理にするまではとても容易な事ではありません。チーム皆で知恵を出し合い、積極的に日本だけでなく、他国の料理人の方達との交流や意見交換などもし、刺激しあいながら日々戦っていかなければ、この先10年後真に美味しい料理、お客さんに感動してもらえる料理、そして新しい料理も生まれてはこないと思っています。私は、現時点では日々この様な事を考え10年後は常に新しいステージへ挑み、そして努力を惜しむ事をせず、人の記憶に残る、真に美味しいお皿を提供出来る料理人になると思っています。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)