RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

甲斐 政史

MASAFUMI KAI

料理スタイル:温故知新


誕生:1982年
出身:熊本県
専門:中国料理

所属:熊本ホテルキャッスル 中国四川料理 桃花源 本店
リンク:ぐるなび掲載ページ
所在地:熊本県
ジャンル:中華
役職:役職付き料理人

RED U-35 受賞歴

甲斐 政史

MASAFUMI KAI

<2014年参加時>

所属:熊本ホテルキャッスル 中国四川料理 桃花源 本店
リンク:ぐるなび掲載ページ
所在地:熊本県
ジャンル:中華
役職:役職付き料理人

受賞エンブレム

2014 SILVER EGG

二次審査料理名:ハタと色々豆の四川風茶碗蒸し

一次審査

料理名:ハタと色々豆の四川風茶碗蒸し

課題料理名:ハタと色々豆の四川風茶碗蒸し

豆という食材と聞き、先づ麻婆豆腐を思い浮かべました。食材の豆腐、調味料の豆豉、豆板醤が豆製品だからです。そこに水煮魚片という四川料理をアレンジし、さらに食べ安さと地産地消を意識すると、豆乳の茶碗蒸しと、天草産のハタの相性が特に良いと感じました。 豆乳の茶碗蒸しはハタのアラでダシをとりコク、魚の旨みを加え、さらにヒヨコ豆を用いる事で食感にアクセントを付けました。 あんかけにも生のグリンピ-スで食感を出し、風味豊かな四川の調味料を分断に用い刺激的で新しい味わいを表現しました。 仕上げにかける熱い油に料理に対する熱い想いを込めました。 色々な豆や豆製品の奥深い味わいをredを意識した真っ赤な情熱を表現する四川のタレで存分に楽しんで頂ける料理に仕上げました。

料理人として、料理に対する思い・夢・目標

今の私には具体的な夢という物は一つもありません。自分の店を持つ、ホテルの料理長になる等何かの夢に向かい向上心を持ち必死に頑張るのも一つの成長の方法だと思いますが私の考えは全く異なります。 そもそも料理人という仕事自体が夢に溢れる職業だと考えています。自分の好きな料理を仕事として学び、それをお客様に提供し直接反応が得られる。失敗もありますが、それは次に繋げ成功を得る為の材料として自分の糧になる。その繰り返しで自分を成長させる事が出来る。本当にやりがいのある仕事だと思います。 漠然とした夢としては、このコンテストの審査員の先先方の様に料理の道で成功する事です。財産が欲しい訳では無いのです。あるに越した事は無いのですが、やはり色々な料理の知識や料理人としての経験が私には圧倒的に欠けていると前回の大会でも痛感しました。 色々な店を訪れ味を知り、ジャンルを越えた料理を学び、提供する相手に合った最高の料理を調理する事が理想だと考えます。その経験を少しでもこのコンクールを通じて得られれば良いと考えています。 当社の社長であり料理人出身の斉藤隆士氏の言葉で「生涯修行」という言葉があります。この言葉が好きで入社してから今まで胸にかかげながら日々の仕事し生活に挑んでいます。全ての事を修行と見、普段の生活からも料理のヒントを深い色々な料理を見て勉強する様心掛けています。 今、私に絶対的に欠けている経験値をこのコンクールで得る為にも、次のステップを視野に入れ、さらに上を目指します。 このチャンスを物にして色々な店を食べ歩き自分の物にし、少でも先生方に近げる様な知識、手腕を手に入れ、後輩達に伝えて行ける様な人間になる事が自分の理想であり夢と言えます。

甲斐 政史

MASAFUMI KAI

<2013年参加時>

所属:熊本ホテルキャッスル
所在地:熊本県
ジャンル:中華
役職:料理人

受賞エンブレム

2013 BRONZE EGG

二次審査料理名:色々卵の二種カニ玉料理

一次審査

料理名:色々卵の二種カニ玉料理

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)