RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

宇和川 慶太

KEITA UWAGAWA

料理スタイル:食材へのリスペクト


誕生:1981年
出身:愛媛県
専門:フランス料理

所属:The Suite GINZA
所在地:東京都
ジャンル:フランス料理
役職:シェフ(料理長)

RED U-35 受賞歴

宇和川 慶太

KEITA UWAGAWA

<2015年参加時>

所属:The Suite GINZA
所在地:東京都
ジャンル:フランス料理
役職:シェフ(料理長)

受賞エンブレム

2015 BRONZE EGG

二次審査料理名:坊っちゃん島あわび −デクリネゾン−

一次審査

料理名:半月 -レッド-

日本米の料理:「半月 -レッド-」

このメニューのコンセプトは「食材の一切を無駄にしない日本人の精神」とその日本人の生活に深く根付いている日本米の新たな使い方を「フランス料理と日本料理の融合」で表現することです。米、糠、玄米、稲わらを使い、岩塩包みならぬ米包みでロッシーニに火を入れ、玄米を煎じたコンソメと洋食でなじみの深い野菜の漬物を添えました。日本米の使い方を通し日本の精神を国内だけでなく海外にも発信したいと思います。

10年後、自分はどのような料理人になっていると思いますか?

十年後の僕は仲間と共に東京でオーベルジュを経営しています。提供される料理はキュイジーヌユニーク=唯一な料理。お客様がメニューから食べたい物を選ぶレストランやカルトブランシュのようにお店側から食べて頂きたい料理を出すレストランではなく、事前にお客様の食べたい食材を聞き、それをお店からのアプローチで表現するレストランです。食べたい食材、季節、旬、天候などからその日のその人のためのコース料理を提供します。ただし全員が全く違うコースではありません。その日その場所にたまたま集まった人、言い方を変えれば他人とも言える人、一人一人と僕達スタッフがいるからこそ存在する、その日限りのその空間そのものがユニークであるためのコース料理を提供するために他のお客様との兼ね合いも行います。僕の考えるキュイジーヌユニークとはそういう唯一な、また少しユーモラスを含んだ料理で、それを日々考えながら刺激的な日々を過ごします。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)