RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

小山 水喜人

MIKITO KOYAMA

料理スタイル:幼少期の想い出


誕生:1991年
出身:兵庫県
専門:フランス料理

所属:リストランテ ルバーノ
リンク:ぐるなび掲載ページ
所在地:兵庫県
ジャンル:イタリア料理
役職:料理人

RED U-35 受賞歴

小山 水喜人

MIKITO KOYAMA

<2019年参加時>

所属:リストランテ ルバーノ
リンク:ぐるなび掲載ページ
所在地:兵庫県
ジャンル:イタリア料理
役職:料理人
応募時の年齢:27歳

受賞エンブレム

2019 BRONZE EGG

二次審査料理名:

一次審査ニッポンの宝:「日本の心」と“儚さ”。

料理名:丹波地鶏と生椎茸のコンソメ 砂肝の焼きリゾットと温泉卵と共に 母の雑煮のイメージで 

日本の風土、四季との共存の中から生まれた心、匠のワザ(業、技、芸、術)の数々。日本人独自の感性の繊細さと鋭さ、それを極める精神力。そして、古くから尊んできた自然の恩恵に浴する生命の強さと"儚さ"。日本古来の文化や文明は世界に類を見ない。他国からの影響を受けながら、島国である日本は独自に文化や文明を発展させ受け継いできました。伝統を重んじながらも進化を続ける、これは料理にも同じ事が言えます。そしてこれこそ、今大会で我々若手料理人に求められている事だと私は解釈しました。 中でも、最も注目しているのは"儚さ"です。常に何かしらの制約がある中、独自の感性と創造性を吟味し、その日しか作れない料理を生み出すが、一瞬で人の口の中へと消える。意図して記憶に残ることは難しく、実に"儚い"ものです。しかし、それを積み重ねる事で感じる想いがあり、「また、食べたいな」と言う感情は家庭の母の味だと私は思いました。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)