RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

中村 侑矢

YUYA NAKAMURA

料理スタイル:核心と革新


誕生:1995年
出身:福岡県
専門:日本料理

所属:LA CASA DI Tetsuo Ota
所在地:長野県
ジャンル:イタリア料理
役職:料理人

RED U-35 受賞歴

中村 侑矢

YUYA NAKAMURA

<2022年参加時>

所属:山﨑
リンク:店舗独自ページ
所在地:東京都
ジャンル:日本料理
役職:料理人
年齢(開催年末時点):27歳

受賞エンブレム

2022 BRONZE EGG

一次審査

料理名:道しるべ 薪焼き鱧と夏野菜の飯蒸し

「旅」を自身の料理人人生の歩みと解釈し学んだ地、福岡・京都・島根・東京・次に目指すスペインと集大成を表現しました。鱧は薪の熾火でしっとり焼き、薪の薫香を纏わせます。蒸した餅米には干した夏野菜をサッと梅酢で和えて散らし、煎茶の餡をはって滑らかに纏めました。粥状にした玄米をオーブンに入れお焦げを作り天盛りし、花穂は初夏に相応しい清涼感に。素材背景:京料理に欠かせない「鱧」未来、どんな困難にも力強く鱧のような生命力で歩み続けてほしい。沢山の方を豊かにしていきたい。「玄米」玄米菜食に基づく祖父の料理論、食べての健康に考慮するまでが本質。「煎茶餡」年々水揚げ量が激減中の昆布は使用せず焼いた鱧の骨を浸した煎茶の上品な餡。「薪」スペインの薪焼文化に着目、火力が弱く保水しやすい薪の熾火は日本料理との適性が高いです。福岡県朝倉市で起きた水害による倒流木の薪を使用。収益は地域の復興に当てられています。

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2022

ORGANIZERS主催
CO-ORGANIZERS共催
SUPPORTER
CHEF SUPPORTER
WE SUPPORT
後援