RED U-35RED U-35

メニュー

【海外CLUB REDシェフ×日本の食材の魅力発信】食を通じた地域活性化の取り組み 

レポート 2022.10.03

【海外CLUB REDシェフ×日本の食材の魅力発信】食を通じた地域活性化の取り組み 

RED U-35の主催社である株式会社ぐるなびでは総務省の「地域活性化起業人制度」を活用し、⾷や観光を通じた地域の活性化を⽇本全国の⾃治体と連携しながら実施しています。

※「地域活性化起業人制度」とは・・地方公共団体が、三大都市圏に所在する民間企業等の社員(地域活性化起業人)を一定期間受け入れ、そのノウハウや知見を活かしながら地域独自の魅力や価値の向上等につながる業務に従事する制度

食を通じた魅力発信の一環として、海外で活躍するCLUB REDシェフにも食材をお届けする取り組みも始めています。シェフから海外現地のお客様へ料理を通じて日本の食材、地域をPRして頂いています。今回は起業人制度を締結している自治体の一つである島根県邑南町(おうなんちょう)の食材をシンガポールでミシュラン一つ星を獲得しているRÊVE川野氏にお届けしメニュー考案をして頂きました。

◆川野 將光氏 RÊVE (フランス料理)

RED U-35 2019年滝久雄賞受賞、ミシュランガイドシンガポール2022 一つ星

◆今回川野氏にメニュー考案頂いた食材

AJIKURA FARM 邑南町の野菜 
邑南町の風土が育んだ、彩り豊かな野菜。農薬・化学肥料は一切使用せず栽培されています。

垣崎醤油店 木桶で2年発酵熟成させた醤油やもろみ粕、麹など。創業大正10年、100年前から変わらず木桶で手作りしている醤油蔵。

◆厳選した現地の食材で川野氏がシンガポールのお客様の嗜好に合った料理を考案。完成したメニューをご紹介します。

もろみ粕、味噌でマリネした邑南野菜 ニンニクのコンフィとアンチョビソース

もろみ粕でマリネしたヒラマサ 紐唐辛子とオクラのソース、鷹の爪のアクセント

フランス産鴨のもろみ粕ウォーターマリネ 熟成醤油、もろみ粕、チキンストックのソース

もろみ粕ウォーターでマリネしたフランス産鴨のロースト 味噌と酒粕のソース

写真 米麹で作った甘酒のブルーテとフロマージュブラン 大葉のアイスクリーム・擦り下ろしたゴーヤをアクセントに添えて

◆メニュー考案を終えて川野氏よりコメント

シンガポールでも日本の食材は注目されていて、もっと美味しい野菜を届けたいと思っていた時にAJIKURA FARMさんの野菜に出会いました。
香りが高く素材の味も美味しく、ゴーヤの香りをデザートに使ってみるという発想もこの野菜達に出会わなければ思いつかなかったです。
100年続く垣崎醤油店さんのこだわりの熟成醤油、もろみ粕の香りは魚や肉のマリネに取り入れたいと思いました。麹や味噌も今の発酵ブームの中でとりわけ素晴らしい商品だと思います。
料理をする上で香りと旨味を大事にしていて、その両方を補ってくれる食材、フードロスをいかに無くしていくかという、今の風潮を先取りできる商品だと感じました。
AJIKURA FARMさんの野菜も垣崎醤油店さんの商品もどちらも新しいアイデアを与えてくれました。
今後も島根県をはじめ、日本の素晴らしい食材をシンガポールのお客様へ発信、広めていきたいと思います。

人の行き来は緩和されてきているものの、まだ以前のように訪日観光が容易ではない今、
海外の方々にもプロの料理人によって日本の素晴らしい地域の食材をより美味しく、より特別な体験をして頂きたいと思っています。
今後も海外で活躍するCLUB REDシェフと連携し、食を通じて日本の魅力発信を続けて参ります。

海外CLUB REDのメンバーで今回のような取り組みにご興味ある方は事務局までご連絡ください!(お問合せメールアドレス:info@redu35.jp)

<協力パートナー>
◆島根県邑南町  
 島根県のほぼ中央、広島県との県境で中国山地の山あいに位置する人口約1万人の緑豊かな町。ほとんどが山林で占められており、その豊かな自然を活かした農業が主要な産業となっており、古くから豊かな食材と食文化に恵まれています。現在、食と農を切り口とした「A級グルメ」を通じた町づくりに取り組んでいます。

◆生産者情報 

AJIKURA FARM   https://localfoodlab.jp/

垣崎醤油店   https://kakizaki-s.com/

関連するシェフ

SHARE

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2022

ORGANIZERS主催
CO-ORGANIZERS共催
SUPPORTER
CHEF SUPPORTERS
WE SUPPORT
後援