RED U-35RED U-35

メニュー

二次審査結果発表|ファイナルノミニー10人が三次審査進出!

RED U-35 2019 2019.09.05

RED U-35 2019では、435人の沸騰する情熱をもつチャレンジャーたちが集まりました。この中から、二次審査に進出したのはノミニー93人。そして本日、二次審査の結果として三次審査に進出する「ファイナルノミニー」を選出しました。

《二次審査結果について》
ノミニーの中から、二次審査において以下の3つのカテゴリーで評価。
1)ファイナルノミニー/三次審査に進出する人(※エッグランク未確定)
2)ブロンズエッグを獲得して終了する人
3)ノミニーとして終了する人

それでは、夢への挑戦の切符を手にした【ファイナルノミニー(三次審査進出者)10人】を発表いたします。

詳細(プロフィール等)は、こちらの一覧ページをご覧ください。

RED U-35 2019 ファイナルノミニー(三次審査進出者)
(氏名/年齢/専門ジャンル/所属店舗/店舗所在地/役職)


井上 稔浩(33)イタリア料理「pesceco」(長崎県)オーナーシェフ
小川 苗 (27)フランス料理「Paris.Hawaii」(アメリカ)スーシェフ
荻野 聡士(32)日本料理「銀座奥田」(東京都)料理長
菅田 幹郎(34)日本料理「koyomina」(岩手県)料理人
髙木 祐輔(24)中国料理「ザ・ペニンシュラ東京 ヘイフンテラス」(東京都)料理人
髙野 隼輔(32)フランス料理「restaurant ERH」(フランス)スーシェフ
成田 陽平(33)日本料理「菊乃井本店」(京都府)料理人
野田 達也(34)Défricher cuisine「コレクティブ メゾン nôl」(東京都)シェフ
萩森 司 (32)日本料理「ホテルオークラ アムステルダム 山里」(オランダ)副料理長
森枝 幹 (32)日本料理「ub1table」(東京都)料理人

※敬称略/五十音順
※年齢は応募締め切り日(2019年5月14日)時点
※審査結果の理由や具体的な審査要件についてはお答えできませんのでご了承ください

– – –

二次審査に参加した93人のうち三次審査に進んだ10人を除く、優秀な成績をおさめた39人を“ブロンズエッグ”として選定しました。“ブロンズエッグ”に選ばれた方はCLUB REDメンバーとして登録いたします。

RED U-35 2019 BRONZE EGG ブロンズエッグ
(氏名/年齢/専門ジャンル/所属店舗/店舗所在地/役職)


1 秋吉 雄一朗(34)日本料理「出張料理 秋吉」(福岡県)オーナーシェフ
2 池田 翔太(31)フランス料理「Ysm」(東京都)スーシェフ
3 磯辺 耕太郎(33)New nordic japanese「Embassy of japan in Denmark」(デンマーク)シェフ
4 岩﨑 里美(34)イタリア料理「FERRAGOSTO」(福島県)オーナーシェフ
5 海野 元気(34)ニュー・ノルディック・キュイジーヌ「自然派ビストロ CORE」(福岡県)料理人
6 片山 ひろ(34)上州キュイジーヌ「白井屋ホテル」(群馬県)シェフ
7 神子澤 翔太(25)フランス料理「レストラン エール」(東京都)スーシェフ
8 神田 風太(29)イタリア料理「Ristorante miyama162」(京都府)オーナーシェフ
9 楠 修二(29)日本料理「祗園 楽味」(京都府)料理人
10 黒川 恭平(31)洋食「レストラン ブロッサム」(石川県)スーシェフ
11 小山 水喜人(27)フランス料理「リストランテ ルバーノ」(兵庫県)料理人
12 酒井 研野(29)日本料理「LURRA°」(京都府)料理人
13 佐々木 浩人(27)イタリア料理「ジャルロイヤルケータリング株式会社」(千葉県)料理人
14 澤田 裕美(33)フランス料理「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」(北海道)料理人
15 荘田 洋介(34)フランス料理「Vers par Naomi OGAKI」(神奈川県)シェフ
16 白竹 俊貴(27)フランス料理「PERTICA」(大阪府)シェフ
17 新内 彰(34)フランス料理「マナーハウス 島津 重富荘 レストラン オトヌ」(鹿児島県)シェフ
18 竹下 直樹(28)日本料理「西中洲 しらに田」(福岡県)料理人
19 武本 南(32)フランス料理「CRAZY KITCKEN」(東京都)シェフ
20 渡真利 泰洋(34)フランス料理「Restaurant État d'esprit」(沖縄県)シェフ
21 永瀬 友晴(30)フランス料理「レストランアロム」(東京都)シェフ
22 中田 勇樹(34)イタリア料理「Ristorante Renata」(埼玉県)オーナーシェフ
23 西 謙次郎(33)イタリア料理「SFIDARE」(福岡県)シェフ
24 野﨑 翠(33)イタリア料理「Mon atelier」(東京都)シェフ
25 野田 耕三(31)日本料理「Kyo gastronomy KOZO」(京都府)オーナーシェフ
26 早川 光(33)イタリア料理「XEX 日本橋 Salvatore Cuomo Bros.」(東京都)シェフ
27 福井 康司(34)日本料理「緒方」(京都府)料理人
28 藤原 裕己(27)フランス料理「TROIS VOEUX」(島根県)料理人
29 細田 隆広(34)中国料理「hyatt regency tokyo 中国料理 翡翠宮」(東京都)主任調理師
30 正木 良航(28)フランス料理「ティエリーマルクスダイニング」(東京都)料理人
31 増田 尊大(30)フランス料理「L'ATELIER de Joël Robuchon 六本木」(東京都)スーシェフ
32 松島 佑季(31)フュージョン「81」(東京都)シェフ
33 三和 慎吾(32)フランス料理「やまぐちBISTRO328」(山口県)オーナーシェフ
34 宮崎 由佳理(24)イタリア料理「ricco e bello」(大阪府)料理人
35 宮下 和弥(27)フランス料理「Accents」(フランス)スーシェフ
36 森下 裕介(28)フランス料理「ルセット」(兵庫県)スーシェフ
37 山口 卓也(34)フランス料理「アンダーズ東京 ザ タヴァン グリル&ラウンジ」(東京都)シェフ
38 山口 智也(31)イタリア料理「IL TEATRINO DA SALONE」(東京都)シェフ
39 吉野 勝二(32)モダンオーストラリア「Amaru」(オーストラリア)スーシェフ

※敬称略/五十音順
※年齢は応募締め切り日(2019年5月14日)時点
※審査結果の理由や具体的な審査要件についてはお答えできませんのでご了承ください

三次審査は10月14日(月・祝)に武蔵野調理師専門学校にて行い、ファイナルノミニーの10人が参加。10月7日(月)に発表する「テーマ食材」を使用し、「60分以内」で完成する料理を審査員に提供。食材の活かし方、独創性、プレゼンテーション能力に加え、制限時間内で手際よく人数分の料理を仕上げる技量など、実食と面談による審査を行い、合同審査会を経て最終審査進出者“ゴールドエッグ”(5人)を決定します。なお、最終審査に進めなかった残り5人は“シルバーエッグ”に認定します。

RED U-35 2019 授賞セレモニー観覧者募集

10月15日(火)東京ミッドタウン日比谷「BASE Q」にて、グランプリとなる“レッドエッグ”を発表する授賞セレモニーを開催します。観覧ご希望の方は、オンラインチケットサービス「Peatix」にてお申し込みください。

観覧募集お申し込みフォーム
https://redu352019final.peatix.com/

・日時:2019年10月15日(火)15:45開場/16:30~19:30
・会場:東京ミッドタウン日比谷「BASE Q」(東京都千代田区有楽町1-1-2 6F)
・登壇:最終審査通過者“ゴールドエッグ”5名、審査員、総合プロデューサー他
・参加費:無料
・定員:200名(一般募集分)
※先着順のため、定員になり次第締め切りとさせて頂きますので予めご了承ください。

一覧にもどる

情報をシェアする

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2019 サポーター

後援

イノベーションパートナー

認証