RED U-35RED U-35

メニュー

RED U-35 2020開幕!ー 大会概要発表 ー

RED U-35 2020 2020.03.23

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)とは、夢と野望を抱く、新しい世代の、新しい価値観の料理人(クリエイター)を見いだし、世の中に後押ししていくため、これまでの料理コンテストとはまったく異なる視点で、日本の食業界の総力を挙げて開催している料理人コンペティションです。

若手の台頭がめざましい料理界において、新たな歴史を創る意欲あふれるチャレンジャーたちと出会い、共にムーブメントを巻き起こしていくため、第8回となるRED U-35 2020を開催します。

※RED U-35 2020大会概要特設ページは4月1日公開、応募受付フォームは4月9日に公開します。

今大会の賞金は1,000万円!
前回大会では435名の応募がありましたが、グランプリのRED EGGは該当者なしと、史上初の結果になりました。8回目の開催となる今大会は、前回のキャリーオーバーを加えた1,000万円の賞金がRED EGGに贈られるビッグチャンスの年となります。

2020年テーマは「未来のための一皿」
応募テーマは「未来のための一皿」。このテーマを自由な解釈で受け止め、世界が唸る表現とメッセージを求めます。4月9日(木)から5月12日(火)の期間中、オンラインにて応募を受付けます。

より広く若き才能を発掘するべく、レギュレーションを拡大
今大会は応募資格を以下の通り変更し、より広く料理人のチャレンジを受付けます。
1)料理人の線引きを拡大
「飲食店・宿泊施設従事の料理人」を条件としていた前回大会から、出張料理人、料理研究家、調理学校講師など飲食店に所属していなくても「料理を主たる業務としている人全般」に対象を拡大。
2)国籍は不問へ
「日本の永住権があること」を条件としていた前回大会から、日本国内での料理関係の従事経験が3年以上あれば国籍は問わない条件に変更。

RED U-35 2020 大会概要

※詳細は、RED U-35 2020大会概要特設ページ(https://www.redu35.jp/competition/)をご覧ください。

■ 応募テーマ

未来のための一皿 / A DISH FOR THE FUTURE

料理人として考える「未来のための一皿」とは何か?
未来に向かい、私たちはどう生きていくべきか?
料理人にはどんな使命があって、何ができるのか?
2020年をきっかけにどんなレガシーを残せるのか?
「未来のための一皿」というメニューテーマを自由な解釈で受け止め、世界が唸る表現とメッセージを求めます。

■ 募集期間

2020年4月9日(木)14:00 〜 5月12日(火)18:00(日本時間)

■ 表彰

グランプリ賞金1,000万円
※前回大会の結果「グランプリ該当者なし」によるキャリオーバーのため、今大会は賞金1,000万円
※受賞者本人に800万円、所属先に200万円
※但し、オーナーシェフ等の場合には、本人または所属先いずれか一方に贈呈

《準グランプリ》賞金50万円

《岸朝子賞》記念品授与
RED U-35発起人である故・岸朝子氏が、食生活ジャーナリストとして日本の食の発展に寄与された功績を讃え、最上位の女性料理人に贈る賞

《滝久雄賞》記念品授与
RED U-35発起人である滝久雄氏が、海外で活動・奮闘し、今後更なる飛躍が期待される日本人の若手料理人を激励するために贈る賞。

■ 審査項目

・料理人としての「情熱、想い、夢」
・技術力、考案力、表現力、センス
・将来性、可能性

■ 大会進行

※審査内容については変更する場合があります。予めご了承ください。
※応募はオンラインでスタートし、指定会場に集まるイベント形式の審査会は秋以降(三次と最終)を予定しています。秋以降の審査については、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、後日判断してまいります。

《一次審査》5月~6月
ドキュメント審査」〜考案力・創造性〜
自己PRと共にテーマ「未来のための一皿」のメニューを考案し、提案。料理人としての考え・可能性、メニューの考案力・創造性を問う。

《二次審査》7月~9月
映像審査」〜個性・伝達力〜
一次審査で提案した「未来のための一皿」のメニューを、映像として提出。自ら考えたメニューを再現し、そこに込めた想いを映像でどのように発信し、興味・共感を得られるかを問う。映像はそのまま公式サイト(YouTube)にて公開する。

《三次審査》10月18日(日)
試食審査」〜技術力・表現力〜
指定された会場に選手が集まり、追って課すテーマに沿って審査員他に料理を作り、振る舞う「試食審査」。実技とプレゼンテーション、コミュニケーションによって、料理人としての技術・センス・ポテンシャルを見極め、ファイナリストを選定する。

《最終審査》12月6日(日)
〇〇審査」〜将来性・可能性〜
最終審査は、RED U-35ならではのサプライズ審査(現時点で情報非公開)。ファイナリストが決まってから告知する最終審査テーマに向き合い、夢をつかむために想いを込めて自らを表現する。

《授賞セレモニー》12月7日(月)
グランプリ発表
授賞セレモニーのステージ上で最後のアピール。この場で審査員団がグランプリを決する最終決議を行い、料理人・審査員・企業・メディアらが集うセレモニーの場で、次なるスターを高らかに発表する。

■ 応募資格

偉大なる料理人になることを目指す「35歳以下の料理人」

・2020年12月31日時点で年齢が35歳以下(生年月日が1985年1月1日以降)であること
・プロの料理人(料理することを主たる業務とする人)であること
 ※飲食店・宿泊施設(国内・海外ともに可)に従事する料理人の他、出張料理人、料理研究家、調理学校講師など応募可
 ※学生(学校に在籍する未就業の学生・生徒)は応募不可
・国籍は不問とするが、外国籍の場合は日本国内での料理関係の従事経験が3年以上あること
・応募ドキュメント及び審査会等のコミュニケーションは日本語とする
 ※日本語以外での言語で記載されたエントリーは受付不可(メニュー名などは外国語でも可。必ず対訳を付記すること)
・開催する全ての審査、及び授賞セレモニーに参加できること

■ プロジェクトメンバー

・審査員団:德岡邦夫(京都𠮷兆総料理⻑)審査員⻑、脇屋友詞(Wakiya一笑美茶樓オーナーシェフ)、和久田哲也(Tetsuya’s オーナーシェフ)、笹島保弘(IL GHIOTTONE オーナーシェフ)、鎧塚俊彦(Toshi Yoroizuka オーナーシェフ)、狐野扶実子(料理プロデューサー)、生江史伸(L’Effervescence シェフ)、太田雄貴(公益社団法人日本フェンシング協会会⻑)
・総合プロデューサー:小山薫堂(放送作家)
・RED U-35発起人:岸朝子(故人)(食生活ジャーナリスト)、滝久雄(株式会社ぐるなび取締役会⻑・創業者)

RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM U-35) 2020
主催:RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM U-35) 実行委員会
共催:株式会社ぐるなび

■ Concept - RED U-35
DISCOVERING THE TALENTED CHEFS OF TOMORROW AND THEIR DELICIOUS NEW CREATIONS.

RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM) was launched in 2013 as Japan’s largest culinary competition to discover the young talented chefs of tomorrow. Backed by Japan’s food industry leaders, this contest evaluates its contestants from a completely different perspective compared to other competitions for the purpose of discovering and supporting the growth of a new generation of chefs (creators) who are filled with dreams, ambitions, and new values. Our hope is that this competition will inspire the chefs of our future, help to shape their vision, and thus, raise the foundation and values of Japan’s culinary world in the future.

■ Eligibility – RED U-35 2020
Chefs (age 35 or younger) who dream of becoming great chefs

- You must be age 35 or younger on December 31, 2020 (your date of birth must be on or after January 1, 1985).
- You must be a professional chef (your main line of work must be in the culinary profession).
* Applications are accepted not only from chefs who work at restaurants or hotels (both in and outside of Japan), but also from those who work as chefs on call, culinary researchers, and instructors at culinary schools.
* Students (unemployed and currently attending school) cannot apply.
- Applications are accepted from people of all nationalities. However, non-Japanese persons must have at least three years of experience working in Japan in the culinary profession.
- The application procedures and all communication during the competition will be in the Japanese language.
- You must be able to attend all judging events and award ceremonies held in Japan.
- Former grand prize winners of previous RED U-35 competitions (RED EGG) cannot apply.

■ Application Theme
A DISH FOR THE FUTURE

Applicants are free to interpret this theme in their own way and should express their ideas and messages as chefs through the menus that they invent.

■ Accept applications
April 9th --- May 12th at 18:00h Japan Time

■ Prize
- Grand Prix
Prize money of 10 million yen
The winner of the 2020 competition will be awarded 10 million yen because the prize money will be carried over from the 2019 competition, which did not produce a grand prize winner.
- Second Place
Prize money of 500,000 yen
- Asako Kishi Award
Awarded to the highest-placed female chef
- Hisao Taki Award
Awarded to give encouragement to a young Japanese chef currently working overseas who shows promise of achieving dramatic growth in the future.

■ Points of evaluation
・Passion, belief and dreams that the contestant has as a chef.
・Skills, inventiveness, expressive abilities and talent.
・Future prospects and potential.

■ Process of the competition
・1st : Document Screening
・2nd : Online Screening
・3rd : Technical Screening / Oct 18, 2020
・Final (that is held in a different manner at every contest) / Dec 6- 7, 2020

一覧にもどる

情報をシェアする

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2020 サポーター

GOLD
SILVER
BRONZE

認証