RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

中原 勢太

SEITA NAKAHARA

料理スタイル:食べる人の気持ちを大切にする料理


誕生:1980年
出身:神奈川県
専門:イタリア料理

所属:terra
所在地:シンガポール
ジャンル:イタリア料理
役職:オーナーシェフ

RED U-35 受賞歴

中原 勢太

SEITA NAKAHARA

<2015年参加時>

所属:terra
所在地:シンガポール
ジャンル:イタリアン
役職:オーナーシェフ

受賞エンブレム

2015 SILVER EGG

二次審査料理名:鮎のテッリーナ その肝のバーニャカウダ カラマンシーとタイガービールの泡

一次審査

料理名:天茶リゾット

日本米の料理:「天茶リゾット」

海外に日本米の良さを伝える。 乳酸菌を米から作る事で国産米の安全性を示す。 また飼料用米は家畜を本当の意味で国産にし安全な卵や牛乳を作り出し食料自給率も上げる事ができる。 それを国内外にブランドとして売り出すことで日本の米農家を守る。 イタリア料理に使う事で日本米のイメージをもっと自由度の高いものにする。 米その物の味を生かす為、調理法はシンプルにして、米と水にこだわりお茶漬けからヒントを得て考案しました。

10年後、自分はどのような料理人になっていると思いますか?

10年後には日本人料理人は世界各国はもちろん日本国内でも外国人と共に一緒に働いていると思います。 外国人に料理を教える光景が当たり前になっていると思います。僕はその日本の料理界の国際的発展に貢献した料理人になっていたいです。 そしてその頃にはアジアに日本人によるイタリアンを普及させた料理人として認知され、そこから世界進出に挑戦していたいです。 ですから5年後までには世界へ飛び出す日本人料理人の目標となる人物になっていたい。 東京オリンピック開催に伴い、訪日外国人の増加によって日本の素晴らしい食文化の需要が世界に広まり、海外に進出する日本人料理人も増えていくはずだからです。 その為に3年後までには、世界中から人が集まるシンガポール国内で、日本人によるイタリア料理の地位の確立を自分の活躍によって実現させたい。だから今、その目標に向い独立を決心し、シンガポールで新店舗の立ち上げをしています。

中原 勢太

SEITA NAKAHARA

<2013年参加時>

所属:エノテカ・ル・オペレッタ
所在地:シンガポール
ジャンル:イタリアン
役職:料理長・シェフ

受賞エンブレム

2013 GOLD EGG

最終審査料理名:Rizotto Sorpresa( リゾット・ソルプレッサ )

二次審査料理名:Garganelli con Fegatini e Tuorli Immaturi

一次審査

料理名:Garganelli con Fegatini e Tuorli Immaturi

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM U-35)