RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

音羽 創

SO OTOWA

所属:シエル エ ソル
所在地:東京都
出身:栃木県
専門:フランス料理
料理スタイル:素材の魅力を自然に、素直に引き出すこと。

<2017年参加時>

所属:シエル エ ソル
所在地:東京都
ジャンル:フランス料理
役職:シェフ(料理長)

受賞エンブレム

2017 準グランプリ&GOLD EGG

最終審査料理名:天草の海、その背景

塩づくりに適した日本中の浜を探し歩き、熊本県の天草諸島を選んだ塩の職人・松本明生氏(天草塩の会)。この地で、どのような手法で、どのような想いで塩を作っているのか、生産者の思いを受け取ること。そして、この塩をテーマとしたレストランのシェフとして、スペシャリテ(看板料理)を提案すること。

料理名:「天草の海、その背景」

今回、松本さんのお話を通じて私の心に響いた言葉は「残していきたい」という言葉、そして塩に適した浜を探し歩いた上で、たどり着いた場所が天草諸島という地域の須賀無田海岸なので、できうる限り天草の塩には天草の食材を合わせたいというところです。須賀無田の緑広がる丘陵地帯を青菜のフランに見立て、天草の浅利と海苔のコンソメで美しい水面を作り出しています。中には季節の天草の魚介類を浮かべ、最初の一皿で”天草の塩”、そしてその背景を表現しています。

三次審査料理名:秋刀魚、秋茄子、ほうじ茶 ~私の辿ってきた秋~

二次審査料理名:ヤシオマスのミ・キュイ 奥日光の情景

「私と、信頼する生産者とのつながり」をテーマに、「その生産者の食材を活かした料理」を映像の中で表現すること。

あなたが選んだ生産者:山越祐二

都道府県市町村:栃木県日光市土呂部

料理名:「ヤシオマスのミ・キュイ 奥日光の情景」

奥日光の自然と共生し環境維持や養殖技術向上に努めるのみならず、地元から全国へ、そして世界に通用する食材を目指す生産者です。料理人と共に前に進もうとしてくれる同志です。ヤシオマスの繊細なテクスチャ、清流を思わせる清涼感を表現しました。低温でコンフィにし口あたりと旨みを調え、浅利と昆布出汁にモロヘイヤを加えて体に溶け込むなめらかさを。大和茶の香りと苦みは水の清らかさや森林の香りをイメージしています。

一次審査

「私と、信頼する生産者とのつながり」をテーマに、「その生産者の食材を活かした料理」を映像の中で表現すること。

あなたが選んだ生産者:山越祐二

都道府県市町村:栃木県日光市土呂部

料理名:「ヤシオマスのミ・キュイ 奥日光の情景」

奥日光の自然と共生し環境維持や養殖技術向上に努めるのみならず、地元から全国へ、そして世界に通用する食材を目指す生産者です。料理人と共に前に進もうとしてくれる同志です。ヤシオマスの繊細なテクスチャ、清流を思わせる清涼感を表現しました。低温でコンフィにし口あたりと旨みを調え、浅利と昆布出汁にモロヘイヤを加えて体に溶け込むなめらかさを。大和茶の香りと苦みは水の清らかさや森林の香りをイメージしています。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2019 サポーター

後援

イノベーションパートナー

認証