RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

細田 隆広

TAKAHIRO HOSODA

所属:hyatt regency tokyo 中国料理 翡翠宮
所在地:東京都
出身:長野県
専門:中国料理
料理スタイル:和魂漢菜

<2019年参加時>

所属:hyatt regency tokyo 中国料理 翡翠宮
所在地:東京都
ジャンル:中国料理
役職:主任調理師
応募時の年齢:34歳

受賞エンブレム

ノミニー(候補)であるため、エンブレム未確定

一次審査ニッポンの宝:それは「日本の人々」であり、そして「日本の過去、現在、未来を支える生産者」です。

料理名:農家佛跳墻 (福建省古代伝統料理を詠み説いて)

昔「佛聞棄禅跳墻来」と詩が詠まれた。 佛の道の僧でさえも香りをかぐと禅をやめ、垣根を跳び超えて食べにくる。その詩から「佛跳墻」と伝来。私は日本の宝である「人々」を料理の力で魅了し力を与える料理を作りたい。この想いにピッタリなのが福建省古代料理の豊かな香りで全ての人々を虜にする魅惑の山海珍味蒸し煮「佛跳墻」だ。私はこれを一度詠み解き従来の技、食材を用しつつ私なりの表現で提供した。中国では五滋六味(香、脆、鬆、肥、濃、酸、甜、苦、辣、鮮、塩)が美味である。今回料理名に恥じぬよう一皿で表現。本来の佛跳墻とは形は違うが伝統を現代の技で継承し次世代に継承したい想いで作成。最後に「農家」は田舎的などの意味だが中国で近年、農家楽(ノウジャーラー)都会に住む人が農村の緑に触れ料理、生活を楽しむスタイルが人気と聞く。日本でも農家楽のように人々が生産者に関心を。私は食物の生い立ちを料理を通じて伝えいきたい。

KEEP IN TOUCH

刻は追わなければ過ぎ去ってしまう

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2019 サポーター

後援

イノベーションパートナー

認証