RED U-35RED U-35

メニュー

CHEF−選ばれし才能たち−

堀内 浩平

KOHEI HORIUCHI

料理スタイル:自然、造形、インスピレーション


誕生:1986年
出身:山梨県
専門:Yamanashi gastronomy

所属:フリーランス、開業準備中
所在地:東京都
役職:料理人

1986年、山梨県富士吉田市生まれ。調理師専門学校を卒業後、都内のレストランとホテルを経て、渡仏。北フランスの人里離れた場所に位置する2つ星レストラン「La Grenouillère」で腕を磨く。2018年に帰国し、「Ichii」のシェフに就任。現在に至る。2021年、RED U-35 2021 ONLINEにてグランプリ(RED EGG)を受賞。2022年4月より地元山梨でレストランを開くため独立準備に入る。

RED U-35 受賞歴

堀内 浩平

KOHEI HORIUCHI

<2021年参加時>

所属:Ichii
所在地:東京都
ジャンル:創作料理
役職:シェフ(料理長)
応募時の年齢:35歳

受賞エンブレム

2021 RED EGG

最終審査:リモートクッキング

料理名:希望の種

今回のテーマを聞いてまず浮かんだのは未来のスーパーです。もしかしたら今より食材の選択肢が限られているかもしれません。そこで、食材はプラントベース、なおかつ未来を支えると期待されている豆類、キノコ、芋、スプラウトなどを使用しました。今回の大会で僕が一貫して伝えたいのは未来への『希望』です。一次審査の料理『芽吹き』を別の角度で家庭でもできるように表現しました。限られた食材でも工夫次第で美味しいものは作れます。しかし食べた時には『やっぱり肉や魚が食べたい、牛乳やチーズを入れたい』などの感想を抱く方もいると思います。 その未来を実現するにはどうしたらいいか? そんな事を考えるキッカケの料理になればと思い考案しました。 この料理を作り、食べた人がそれぞれの未来について考え行動する、それが希望の種となり、未来への新たな『芽吹き』になることを願っています。

二次審査

一次審査

料理名:芽吹き

今回のテーマでまず頭に浮かんだのは、大切な家族と自分の未来です。私は出身地である山梨県の風土や自然、生産物の魅力を世界の人々に伝えるレストランをソムリエの兄と作りたいと考えています。それは自分達の夢でもありますが、いつもお世話になっている生産者さんへの感謝や、支えてくれる家族の幸せに繋がると信じています。今回の料理にはそんな未来への希望を表現しました。黒い球体は生命を感じさせる卵や惑星を連想させ、黒色にすることで不穏な気配を、不自然な割れ方で突然訪れた悪い出来事を表しています。しかしそんな困難な状況でも土、新芽、花、実などの命が芽吹き、新たな希望が生まれる一皿にしました。食料問題、フードロスなどを考え、食材は切り落としの鹿肉と野草を中心に組み立てています。調和のとれた五味すべてを感じる味わいに多彩な食感と香りで仕上げています。多様な価値観が認められる豊かな世界を願った作品です。

TEAM OF RED PROJECT

RED U-35 2022

ORGANIZERS主催
CO-ORGANIZERS共催
SUPPORTER
WE SUPPORT